検索
  • Yusuke Kashiwabara

アイデアは、おとりをつくれ!

ダウンバイローという映画はご存知でしょうか?

一言で言うと

「馬鹿な男たちの3人の後腐れない友情映画」

1986年の映画であまり細かくは説明しませんが、

物語としてもものすごく単純でカット数も多くないです。

映画ってなんでもそうですが、役者の演技やセリフで、どれだけ世界観がふくらむかで引き込まれ方が変わってきます。

もちろん背景や場所も大事なのですが、人間の予想だにしない動きには一番目が惹かれます。

特にこの映画は全く派手な演出もなく、終始馬鹿な男3人のストーリーです。

馬鹿な男のストーリーなのですが、コメディではないんですよね。白黒の設定や音楽がそう感じさせてくれます。

セリフもプラスする部分とあえて何も言わないマイナスの駆け引きがそれぞれのキャラクターを作っています。

ですが、強すぎないそれぞれのキャラクターも馬鹿な男だなーというリアリティを含んでいてなんともいいバランスです。

最近では画像や映像が頻繁に出回っているので、どの映画も差込で入る情報が多いですが、

言語だけで想像を膨らませることする能力だったり、間の大事さってあるよなーと思いました。

そんなアナログなことを考えながらもARのコンテンツを作る柏原です。#要はバランス

さて今回はアイデアはおとりをつくれです。

------------

プレゼンあるある

企画のプレゼンやデザインのプレゼンでもなんでもそうなんですが、3案くらい持っていくことないでしょうか?

この選択肢があることによってクライアントも選びやすくなる。みたいなことでいくつか選択肢を持っていくことってあるかと思います。

で、よく考えがちなのですが全てのパターンバラエティ豊富な資料でもっていくことないですか?

これってクライアントからすると種類があって助かるーと言ってもらい得るとは思うのですが一方で心理状態としては悩みます。

で、この悩ましいパターンが3つ揃うと、明確にやりたいことにはまればそれでもいいのですが、

どれかわからないとなると結果コストの一番低いもので。。を選びがちです。

なので3プラン持っていくにしてもやり方があります。

例題から参考にしていきましょう。

--------------

教材の例題

ある教材が、3種類売られていたと想定してどれを買うか100人にアンケートを取ったことがあったそうです。

内容は下記の通り。

WEB教材 59ドル

印刷教材  125ドル

WEB教材+印刷教材 125ドル

この結果どれを買いますか?とアンケートを取ったところ下記の回答でした。

WEB教材 16名

印刷教材  0名

WEB教材+印刷教材 125ドル 84名

そして別にこの印刷教材を除いたアンケートもとったそうです。

内容は下記の通り。

WEB教材 59ドル

WEB教材+印刷教材 125ドル

まさに最初のものから印刷教材のみを抜いたもの。

この結果がこうなりました。

WEB教材 68名

WEB教材+印刷教材 32名

最初の結果より、WEB教材の購入希望者が増えたのです。

これ面白いですよねーー!

実際のところ、売る側もこの印刷教材のみはおとりのアイテムだったんですね。

これをAとBに置き換えて説明していきましょう!

------------

おとりA'を作る

例えばAとBという商材があったとします。

Aは機能が満点

Bは見た目が満点

だったとします。

ここにA'を追加します。

A'ha機能がAよりも少し落ちたものです。

このA'のおとりを設定するだけですが、印象がガラッと変わります。

A'よりはAのほうがいいならAだよなー。この戦いになるとBよりもAは優秀と勝手に思っちゃうんですよね。

Bがよっぽど本質をついていなければ大体の人がAを選んでしますんですね。

先ほどの教材も同様にあてはめることができます。

WEB教材がB、印刷+WEB教材がAです。その劣化版のA'が印刷教材のみと言うわけです。

------------

まとめ

ここで最初の話に戻るのですが、プランは3プラン持っていくのであれば大きく分けて2つ。

そしてそのうちの本質に近いほうはおとり案を作ることが大事です。

頭からコンペ形式のプレゼンはめちゃくちゃ非効率で僕は絶対やりたくないんですが、

色々決めていく中で、逆に効率よく進むこともあるのでみなさんも是非試されてみては?

ではまたー!

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが