検索
  • Yusuke Kashiwabara

ブランディングを履き違えないこと

今日は台風です。

とおもいきや、東京は対して雨降ってないです。

台風の日ってなんかワクワクする不謹慎な人なのですが、

コロナで世界が下を向いた時もなんか楽しみだなーと思ったことを思い出します。

あの時に何が正しいのかわからないけど自分で道を整備して作ってきた結果がやっと今現れた感じです。

どうも柏原です。

ブランディングっていう言葉をよく聞きますが、これって名前が売れてないのに結構やってしまう人いますよねー。

これは絶対にやってはダメー!

というのもこういうことです。

---------------------------

上京してきたてのお笑い芸人

劇場で少し売れた芸人さんや、大阪でゆうめいな芸人さんが、

東京のテレビに出てあまり上手く行ってない!みたいな時よく見かけますよね。

あれは東京に来て、周りはあまり知らないのにブランディングをいきなり初めてしますからです。

大阪でウケていたネタも一番最初からウケていたわけでなく、何度かくりかえし続けてウケたということです。

それが満を辞してこれが俺たちのネタだーみたいにやることにより、あれ?みたいなことになります。

これは自分たちのキャラクター通すために芸人さんもやっっていることなのですが、周りからすると知らないので、

初めは受けません。

なので、ブランディングというのは認知度を上げてから出ないと意味がないのです。

やたらめったら、ブランドロゴを入れたグッズや商品を見ますが、これは世の中にしれているから納得できるものであり、

半端な知名度のブランドが、この名前を出したところで、なんだそりゃ?です。

金さんの桜吹雪は金さんだからおー!となりますが、その辺のチンピラが刺青を見せたところで?はて?なわけです。

----------------

会社名を売りたい

なので、うちの会社売れてないから名前を入れてもらって、名前をもっと知ってもらいたいんですよねー!っていうのは大きな間違い。

逆効果でしかないです。

知らないブランドの名前を入れられたところで逆にいらないわーとなってしまうだけです。

本質が面白ければ名前は勝手に知りたくなるものなので、そこが周知されてからブランディングを確立することが重要です。

例えば新しい企画がバズったとします。

それによって、真似する会社が出てきました。そう!ここで初めて初めてブランディングが必要です。

他と比べてちがうものがなになのか?

ブランディングとはそういうものです。

名前を押すのはブランディングではありません。

名前が知られていないブランドを自分で押すとただやらしことになるのでやめましょう!

ということで今日はブランディングを履き違えないことでした。

ではまたー!


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが