検索
  • Yusuke Kashiwabara

ワザはいらない!なにかをツナげろ!

最近英語と国語の壁によくぶち当たります。

ARに関してもプラットフォームは海外の方が進んでいて、情報や扱うコンテンツもすべて、英語から取るものが多いです。企業のスタイルが日本と海外では違う部分もあるのかもしれませんが、日本のテクノロジーは遅れ過ぎてて笑えます。#皮肉

国語に関してはこのブログ!毎回自分の文章のまとまり具合に苛立ちを覚えるほどです!

でも成長もしました。昔は原稿用紙1枚書くこともめんどくさかったのすが、今は平均1500文字くらいを書いているので、原稿用紙4枚くらい。

おー!と20年前の自分と比べて喜んでいる自分。。。#恥ずかしくないよ

今回も長くなりそうなのですが、最後までお付き合いください。

——————

さまざまなツナぐ

日頃から人モノとをつなげることが自分は好きなんだろうなーと思ってます。

というより興味があります。

例えば会社員の自分だと、後輩と先輩のコミニュケーションをつなげることを好んでやってますし、音楽に関してもジャンルが混ざっている雰囲気のものに興味を持ちますし、

クリエイティブ思考もその一つです。

なんか、つながっているものを見ると感情が揺すぶられます。

「おー、、これがツナがっている。。」

みたいな感覚です。更に新しく、見たことないものに、より興味を持つことが多いです。

なので、ツナがらないものをみるとどうも気持ち悪く、なんでなんだろーなーと考えてしまうことが多いです。

ツナがらない代表としての例を次に書きます。

—————

繋がらない代表

例えば人間関係でいうと、年配と若者。

これは昔から言われているし、その間の年頃だからそう思うのかもしれないですが、いつの時代もここがうまくいきません。でもそれ昔からそうじゃーん!

と思って諦める方いるかと思います。

ただ、いつの時代も年配と若者をツナぐのが上手い人は成長が早いです。

自分もそう思って実践しているところがあります。#誰見本にしたか忘れた

ただ、媚びているわけでなく、いい距離感なんです。

側から見るとどうやってんだ?と思わせてくれるものがあります。

それは言葉や、コミニュケーションみたいなものにとらわえれていなくて、

ツナげるという役割、もはや使命みたいなものがあるのではないかと思います。

—————-

繋げかた じんぶつ編

言葉やコミニュケーションだけをうまく使おうとすると、シドロモドロになることが多いかと思います。よくありがちです。こういう本読んで実践だー!でうまくいかないとか。

これを学ぼう!と思っていてもなんのためにやってんだ?と途中でなること。

そうなることありますよね?

それは、「なぜ?」がないからです。

「なぜ?」をもつことはまず前提として大事です。

「なぜ、若者と年配者はうまくいかないか?」

気が合わない、考え方古い、考え方が甘い等いろいろあるかと思います。

そんな気の強いことは相手に言えないので、「好きではないから!」という言葉が一番いい表現ではないでしょうか?

「嫌いってこと?」

と聞くと、

「嫌いではない」

くらいな感覚です。

なんでもそうですが、人は好きなものから吸収する癖があります。

嫌いなものからなにか吸収することはあまりないし避けて通りたいですよね?

では、好きではない?はどうでしょうか?

これって好きな部分もある。みたいな意味合いも含まれていますよね?

その部分はいいけどここが嫌だ!みたいな。

なので、ここを明確にするといいわけです。

好きな部分はどこか?嫌いな部分はどこか?

好きなものからだけ吸収すると、新しい発見は少ないです。

なぜかというと、好きって先がある程度見えちゃっているからです。

予想を遥かに上回るという好き!があったとしても新しい自分は発見できません。

もちろんそこをどんどん追求することも大事ですが、たまには好きではない部分に目をおくと新たな発見があるのではないでしょうか?

これもツナげる力だと思っています。

「好きではない」から自分の「好き」を抽出して「自分」と繋げる力。

これがあると毛嫌いだけで、人を判断することもないです。

この人見た目嫌いだけどここすげー!みたいな!

僕でいうとナオトインティライミですww#好きな人がいたらごめんなさい

技術も大事ですが、なにか人、モノ、コト組み合わせはなんでもいいです。

なにかを繋げるを意識すると輪が広がっていくと思います。

というか間違えなく広がります!

何かツナげて見てください!

ではまた!


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが