検索
  • Yusuke Kashiwabara

価格じゃないもので勝負をする

今アメリカでは来年1月までに倒産するレストランが2/3って言われているようです。2/3ってものすごい数ですよね。日本もここまでの数字までいくかどうかはわからないですが、この煽りはかなり受けるのではないでしょうか?

日本も根拠のない要請に従っているととても危険な気がします。どうも柏原です。

今日は価格じゃないもので勝負をするです。

————————————-

価格で勝負してないですか?

うちだとこの金額でできます!

他のところよりも安くやります!

もちろんやすいことに越したことはないのですが、ただ安いだけでは相手の不安を煽るだけです。こういった提案はよくあると思いますが、こんな提案ですと足元を見られるだけです。

これは提案というよりは会社の価値を過小評価して出しているようなものなので、

これはもう提案ではなく、笑えない自虐ネタみたいなもの。

例えば、恋のライバルがいたとします。

その相手が恋人候補に対してバラを10本上げたとします。

でもこれに対して、自分がバラを11本あげたとします。

こんなことでは相手の気持ちはこちらに傾くことはないですよね。

まったくこれを同じことを仕事上でやっているようなものです。

なので、価格でない部分に価値を置くことが重要です。

————————-

作業でなく、提案を

恋のライバルで考えた場合、みなさんは一番なにを大事にいたしますか?

おそらく相手との連絡をとり、お互いの趣味を確認したり、相手のことを色々聞きますよね?これはビジネスにおいてもとても大事です。

相手のことをまず知るということがとても大事です。

相手のことがわかってないのに相手が喜ぶ提案はできません。

金額を下げるということだけではなにも思考が働いておらず、ただ単に金額を下げたという

作業をしたまでです。

ここは大事なところですが、作業では価値にはなりません。

相手に頼まれたことをそのままやる。ということでは仕事ではなく、ただの作業です。

仕事というのは提案できること。思考を働かせてクライアントが思っている問題を解決することになります。

この問題を解決するものとして提供するものはモノではありません。

今モノに価値はあまりありません。まずこの情報がありふれた世の中でもはやないモノはほぼないのではないでしょうか?

例えばCDであれば今時それ単体で買う人はいないですよね。

なのでものの価値っていうのはどんどんなくなってきています。

今価値があるものは体験です。

ここでどういう体験をした!体験できるモノに価値を与えます。

提案をする際は体験を含めた案にすることが大事です。

今まで世の中にあるものは体験にはなりません。

なので今まで経験したことないことを提案してあげると良いかと思います。

ということで今日は価格じゃないもので勝負をするです。

ではまたー!


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが