検索
  • Yusuke Kashiwabara

思考と料理

みなさんトリビューというアプリをご存知でしょうか?

美容整形の口コミのアプリなのですが、現在かなり伸びているようです。

美容整形ってなかなか人に言いづらい部分もあって友達通しの口コミってなかなか広がりにくいし、相談もしにくかったりします。

でもこのアプリであればパーツごとに口コミがまとまっているのでとても参考にしやすく、お手軽ですよね。

現状で10万人登録者がいるみたいなので、個人的には日本に美女がさらに増えると言うことなので、とてもいいことだと思っている柏原です。

今日は思考と料理です。

-----------------------------

考えられる人と考えられない人

つまり思考を働かせている人と、そうでない人についてなのですが、考えられない人っていうのは基本いきなり問題について考え始めます。

例えば新しい炭酸飲料水を考えるのであればその場でみたことないものってなんだろうなー。

だったり、なんとなく自分の中に思いつくもので考えてしまうことが多いです。

大抵の人はこうやってしますのではないでしょうか?

まず、大事なことはいきなり考えるのでなく、その本質をとらえて、目的を決めます。

まずこの目的を決める。いわば、自分のスタンスをとる。ということを意識しないと色々と突っ込まれた際に内容がブレブレになるのでまず自分はどういうスタンスでいくかを確実に持つことが大切です。

次にそのスタンスが決まると取材、調査、インプットを始めます。

市場はどうなっているのか?炭酸飲料に今までなかったものは?もしかしたら以前あったけど全然売れなくて・・・みたいなものでも

現在での価値を考えた場合、売れるものになる可能性もあります。

例えばお茶のスパークリングだったりもいいかもしれません。

以前は炭酸飲料という名前でしか認知することができなかったですが、スパークリングワインもかなり名前も売れて

スパークリングという言われると炭酸飲料より少し高尚な飲み物のようなイメージも与えます。

面白い事例を紹介します。

----

魚卵

アメリカで明太子を売りたいと考えた方のネーミングセンスが抜群です。

アメリカ人は魚卵を嫌います。

これでどう言ったネーミングにしたか?

アメリカ人はフランス料理がとても好きな方が多いです。

なのでそこから馴染みのある名前をつけました。

ハカタスパイシーキャビアです。

このネーミングを設定することにより、魚卵の嫌なイメージがなくなり、売れたようです。

こういったネーミングセンスでもキャビアという過去の成功体験から引用されている目的と、取材、調査、インプットがきちんとできていたということです。

--------------

料理でいうなら

料理で言いますと、初めて作る料理を素材やレシピを調べずに作ったみたいなものです。

こんなことしてもなかなかうまくいきませんよね。フランス料理のことをよく知らずに調べたところでうまく作れるものではありません。

思考と料理というのは結構似ているものなのかなと思いました。

ということで今日は思考と料理でした!

ではまた!


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが