検索
  • Yusuke Kashiwabara

素材への気づき

またまた告知です。

伊勢丹新宿蚤の市

NO MI NO

2020年10月18日(日) ~ 2020年10月21日(水) ※最終日18時終了

伊勢丹新宿店本館6F催物場

待望の第二回目の蚤の市です!

ARのお手伝いさせていただきましたー!期間短いですが是非お立ち寄りください。

ARでは蚤の市の手作り感や、宝探しのワクワク感が感じられるような表現をさせていただきました!

#nomino

#nomino伊勢丹新宿蚤の市

#isetanshinjukumarket

#arart

#augmentedreality

どうも柏原です。

今日は素材への気づきです。

それではやっていきましょう。

ーーーーーー

心が動くこと

こころか

何をすればいいんだろう?自分のスタイルはどんなものなんだろう?

ってよく考えることってありますよね?

アーティストやクリエイター、デザイナーとしても自分は何を表現すればいいのか?自分らしさってなんなのか?それがわからない。。。

今の流行りってこんな感じかな〜?みたいな表現をしてしまうと、んー、何かに似てる。。。みたいなものが出来上がってしまいます。

では似てないものにするにはどうすればいいのか?まずはみ

似てないものを強引に作り出しても何かピンとこないですよねー。

そんな中自分がとてもこのデザインいいなーと感じた時ってどんなときなのかなー?と考えました。

そうすると意外とあー、そっか!と気づいたことがあります。

ーーーーーー

素材への高揚

それが素材です。

この素材こんな使い方もあるんだ!この素材、こう言う表現できるんじゃん!

さまざまなさまでざいなーでさ表現する際にこの素材に高揚する部分が、いつもあったことに気づきました。

だいたいここから自分のやりたい表現が見つかっていくことがとても多いです。これはあえじそのどじぶんのすたじぶすればいいすそれではやっていきまそれではやつそれててきょうはそざいにてきょうはそさきょ

ARで言うならば実時間でのシーンに適合した応答性が、素材として面白かったところ。

これがあることにより、見る人の視点で見れると言うところが多様性があり面白いと思いました。

例えるならレスのない同時通訳を何ヶ国語でも表現している感じがします。

これは言葉の境界の距離を一気に縮めることができると思っていて、現に世界中の人がとても近くに感じることができます。

この素材に出会えることです。への気づきがあることです。

ここへの気づくアンテナをいつでもはってないとすぐに見過ごしてしまいます。

ということで今日は素材への気づきでした。

ではまたー!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが