検索
  • Yusuke Kashiwabara

自分のコンテンツだけ推すな!

日本には義理人情みたいな言葉がありますが、

この情報化社会においてどこまで有効なのかなーと思いました。

変な話、同じような会社はインターネットさえあればいくらでも探せます。

今までA社と取引があったとしても、情報網を使えば何10社も探すことが可能です。

昔はインターネットがなかったのでそれはできませんでしたが。

でも間違いなく思うのはクライアントと下請けという構図はどんどん崩れているなーと思います。

日頃から言ってますが、ここ最近はこのメイキングを売るということがとっても大事なことなので、一緒にコンテンツを作っているということが

大事です。何か一緒にできることありましたら連絡ください。どうも柏原です。

さて今日は自分のコンテンツだけ推すな!です。

--------------------

ライバルのことを隠す

自分の競合他社に対して、ひた隠す人がたまにいます。

そこの存在を知られてしますと仕事が取られるんじゃないか?

調べて発注されるんじゃないか?

と思うかと思いますが、そんなことはありません。

まず競合他社を推すということは意外と防御になったりもします。

例えば、自分がクライアントの立場になってみてください。

競合他社とのお互いたたえあえる関係があったとします。

これってクライアント目線からすると、この2社は仲がいいんだなー。

ということは情報も筒抜けかもしれないので

このライバル社に依頼は近すぎるからやめておこう!という心理になりませんか?

なのでライバル会社とバチバチにやることや、ライバル会社のことを隠すことしたとしてもなにも特にはなりません。

仮にそれでもライバル会社に頼む人がいたらとことんライバル会社のことを褒めてあげましょう。

そして、あらためて、自分の会社の強みを話す。これだけでめちゃくちゃ高感度上がると思いませんか?

自分であればライバルであろう人のことをこんなに褒めるなんてすごい寛容だなーとおもってしまいます。

-----------------------------

見てもらえる確率を低くしてる

自分が創作する人であればついつい自分の作品を推してしまいそうですが、

これだと自分の作品を見てもらう確率がとてつもなく低くなります。

例えばフォロワーで考えてみましょう。

あなたにとってライバルのような存在がいた場合に、その人のファンまで考えたことはありますか?

その人のファンっていわばあなたと同じようなことをしているライバルですから、

その人を褒めてあげると、ライバルのファンはもしかしたらこちらのファンにもなってくれる可能性があるんです。

これは双方に言えることで、お互いファンが増えるのだからどっちにとってもwinwinです。

そもそもファンにならなくても視聴率は上がります。

ライバルを推さないということであればその可能性をすてることなのでとんでもなくもったいないです。

ただ一つだけ注意があります。

ライバルを押す場合はライバルが持っていないスキルや推しを持っていることが大事です。

ライバルより武器が少ない状態で推してもダメです。

それなりの武器は装備して冒険に出かけましょう!

ということで今日は自分のコンテンツだけ推すなです。

ではまたー!


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが