検索
  • Yusuke Kashiwabara

語る人と一緒にいると得する3つ

梅雨になってきました!

東京は雨です。金曜日が雨って少し気分がおちますが、

頑張ってブログを書いていきたいと思います。

さて、本題です。

語る人と一緒にいると得する理由について3つ紹介したいと思います。

語る人ってなんか苦手!こっちだって喋りたい!って思う方もいますが、そんなことはないんです!

すごく得だらけなのでぜひ参考にしてみてください。

————

ファンができる

第三者目線からみたときに、語っている人の話を聞いているのは見栄えがいいです。

相槌をうったりや、リアクションに変化があったりするとこのひとはよく話を聞いてるなーと語り手よりよっぽど印象がよく見えたりします。

なのではなしが長いなーと思った場合は、第三者目線で見ると自分は好感度が今高まっているんだと思ってみてください。自分に有益ではないと判断すれば極端にいうと聞いてなくてもいいと思います。その場合はリアクション薄め、と調整すると話してもここが刺さるんだ!と分かったりするので、単調なリアクションではなく、強弱をつけるのがコツです。

熱心に聞いている姿はとても美しいです。

松下幸之助さんもとても聞く姿が美しかったといっています。

どんな若造の話でも膝に手をあてて、正しい姿勢で聞いていたようです。

偉ぶらないって尊敬しますよね。それだけでファンができるそうです。

自分も不得意なのでなるべく注意が必要なことだなと思いました。

————-

文化をつくる

語る人が周りにいると文化ができます。

なんでもそうですが、芸術やアート、ライブでも何か体験した後に語ることで文化になります。これがなければ文化になりません。

なので語る人と一緒にいて文化をつくっている共同体感覚を得ましょう!

オフラインのイベントの際には同じコトに興味を持つ人と一緒に参加した後に近くの飲み屋で語ることができたのですが、最近はオンラインのイベント等でイベント終了後に語り合うことが少なくなってきております。

聞くことで自分が文化というパズルを作っている一つのピースだとおもってください!

—————

話し手の記憶にのこる

当たり前ですが、話し手側は話している時は情報は入ってきません。

話を聞く側にしか情報がはいらないのです。

聞き手にしか情報が残らないとなると、なぜ話し手の記憶にのこるの?となるかと思います。

ただ情報だから記憶にのこるというわけではありません。

人は体験したコトにより、のこる記憶がすごく大きいです。

なので、あなたが話を聞いていることにより相手に楽しいという体験を与えているのです。

聞き手がリアクションを良く話を聞いてくれるとその時は楽しかった!という時間になります。

なのでどんどん話を聞いて、相手の記憶にあなたを焼き付けましょう!

といった3つを紹介させていただきました。

聞き上手は床上手と言われるくらいなので、話を聞ける人はモテます。

さらに話をうまく引き出せるテクニックがあるとさらにいいですね。

ではまたー!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが