検索
  • Yusuke Kashiwabara

鬼すら笑わないという発想

暑い日が続きますねー。

もう直ぐお盆ですねー!

インスタグラムにリールという機能がつきました。

tiktokの機能そのままな感じなんですが、これは大きく揺らぎそうですね。

アメリカではtiktokの利用が禁止になる中、各国もそれに揺れることは間違えないかと。

日本もおそらくその影響があるのではないかと思います。

いろんな動画がランダムに表示されるものなので、クリエイターにとっては知らない人の目に届くという意味合いでは

すごいいいことなのではないでしょうか?

活用していきたいと思います。どうも柏原です。

今日は鬼すら笑わないという発想です。

--------

鬼が笑う

皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、鬼が笑うという諺が日本にはあります。

使い方としてはこんな感じ。

「将来のことはわからないからあれこれ言っても仕方ない!そんな話していると鬼が笑うよ!」

です。予測できないことをあれこれ言っても仕方なく、そんな話をしていると強面の鬼ですら馬鹿にして笑っちゃうよ!

みたいな意味合いです。

今回の話には内容は特に意味合いはないのですが、このことわざを逆に言った言葉が鬼すら笑わない。

これは柏原独自に考えた言葉です。

意味はこんな感じです。

---------------------

鬼すら笑わないの意味

なにも考えないで行動してたら鬼すら笑わないぞ。

何も考えてなければ鬼が馬鹿にすることすらできない。

鬼は鬼の役割、つまり強面の怖いキャラクターとして役割を全うするからなんも変わらないよ。という意味です。

なんでそんな言葉を作る必要があるのか?

それが今回話したかったことです!

今回このブログを読んでいる方はおそらくこのタイトルなんだ?とハテナが浮かんだのではないかな?と思います。

普通鬼が笑うだろ!と。

でもこれを逆に例えることによってこの文章にどういう意味なの?

を知りたいな、と答えを見つけに行くかの如くおそらく読まれた方が多いのではないでしょうか?

-----------

ここが大事

これです。今すべてのコンテンツや、プロダクトに必要なものがこれなのではないかなと僕は思っています。

世の中にあるものはすべて、みたことあるものだし、想像がつくものです。ここからいきなり、物凄い誰もみないものが

いきなりドドン!とリリースされることはなかなか少なくなっていくかと思います。

なのでみたことあるものを少し捻ったり、逆張りしたり、その手があったかーみたいなものの視聴率が上がっていきます。

クリエイティブも同じです。

なので今までにみたことあるものを一から作る必要があるのかどうか?は常に考えなければなりません。

どんだけ頑張って大変で辛い思いをしたとしても、それが他と同じものであればよっぽどの理由がない限り、同じものを選ばないでしょう。

逆に言うと、そこまではパクっていいんです。そのものを理解した上で一旦崩して別の形に作り直す。

このことに意味があります。

鬼すら笑わないもまさにその通り。

意味を一旦理解して、崩して逆の意味にしました。

なにか、コンテンツやプロダクトに困っている時はこう言った思考を凝らして見るのはいかがでしょうか?

ということで今日は鬼すら笑わないという発想でした!

ではまたー!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが