検索
  • Yusuke Kashiwabara

IT食わず嫌い王国、日本

午前中は自宅で仕事をして、ブログやらを書き終えた後に午後から事務所に移動します!

一見事務所に移動しちゃえばいいんじゃないの?という気がしますが、

家が東向きということもあり、自宅の午前中の日の入りがいいんですよねー。

あとは植物と会話しながら過ごしている、柏原です。

さて、今回はIT食わず嫌い王国日本!です。

たしかあの食べ物食べたことないけどなんか嫌いだわーってよく聞きますよねー。

で、よくよく聞くとその鮮度が悪くて食べれなくて、後に、違う鮮度のもの食べたら、あれ?

食べれるわー!みたいな人!

特に都心に多い気がします。しかも魚は特に!

海が近い地方生まれの僕からすると、そらーこれじゃー上手くないだろうなーと思うことは多々あります。

というか、色見ればわかるので、大抵買わないです。

青魚なんかスーパーで店頭に出たばかりでも食べる気がしません。#舌が肥えた

・・・いや、今回話ししたいのは魚の話ではないんです。

ITリテラシーについてです。

ここ最近自分でARの会社を始めたから、知識があるよりの人間になってしまったんだろ?というわけではないんです。

昔からテクノロジーとアナログのバランスを探すことが好きで、3年前くらいからipadも使っているので、

必要でないものは印刷しません。#めちゃくちゃ会社に貢献してる

4.5年前にハンコをデータに勝手にして、見積もりにつけていたら経理によくない!と注意されたくらいです。#ようやく時代が追いついた

もちろんテクノロジーだけが大事!と言っているわけではなく、このバランスとリテラシーを考えてなさすぎ!ということです。

スキルではありません。

リテラシーとは解釈や理解のことです。技を習得するのにすごく知識と時間が必要なのはわかりますが、

一般企業はスキルの前にそのリテラシーが低すぎる!っていう問題ですね。

もちろん高いところは高いです!ただ全体総じていうと低すぎるのは問題です。

ちょっと例をあげて話していきますね!

----------

EC サイト

インターネット販売のことですね。

もうこれに関してはみんなからよく聞く!よく聞く!内容はこんな感じです。

特にこのコロナ渦中においては大変活躍した部署なのではないかなと思います。

初めからこの業態で始めた会社はまだいいのですが、EC販売を後から始めた企業に関してはこれはもう大変!

大体どこもやっているからやらないとなーで始める会社が多いので、会社の経営側や、上層部にこの知識がありません。

上層部だけならまだしもその担当部署のマネージャーすら全く知識がなかったりします。

全く知識がそうな割にここに無茶苦茶なことを勝手に頼んでしまう人が多いんですよね。

パソコンでちょいとやればできるもんだと思っている人とにかく多いです。

これって本当に社員に対する搾取でしかないですよねー。そもそも理解ない人にとやかく言われたくない性分なので、

自分だったらだったらお前やれ!と言いたくなりますねww

そういうとおそらく、俺の担当じゃない!とかいう人いるんですよねー。他の何の役にも立っていないのに。

これやばくないですか?

バスケしたことない先生が顧問やってて、俺バスケやったことないからわかんないけど大量にシュート決めて!

って言っているようなもんです。

そんなんで強くなるはずないです。

なので細かく理解してあげられるように接するだけでも担当者は救われますし、戦力が変わります。

給料はらってんだから!って思う方もいると思うのですが、まず第一に人はお金で動くパフォーマンスが一番低いです。

会社の人たち見回すと一番わかりやすいと思います。

お金をもらって満足している奴ほどパフォーマンス低いですから。

なぜやるのか?や向上心がある人間の方がよっぽどパフォーマンス高いです。

話はそれましたが、特にITのリテラシーに関しては理解を遠ざけている人が多いです。

ここは会社の経営陣が血流を良くするために絶対に見直すべきところだと思います。#そうそうに出たけど結論はここ

-----------------------

世界的に見ても遅れてる

皆さんご存知ですか?日本はソフトウェア界開発はアメリカに比べて、30年くらい遅れていると言われています。

なので、今使っている多くのテクノロジーソフトは全て、海外がプラットフォームのものです。

個人的な見解ではあるのですが、これが遅れている理由は下記なのではないかと思います。

ぼくも技術者の端くれなのですが、日本はどうしてもコンテンツを作ることに時間を置きがちで、

システムにまで手が回らないことが多いんです。

目先を大事にしすぎているってことですね。

つまり、池で釣竿一本で一生懸命釣りをしている間に、他が漁船を作って漁船でやってきた!

みたいなことや、つるのに必死で結局釣竿作ってないわ!みたいなところです。

大体の企業が目先の部分に費用をかけるので、こう言ったことになりがちです。

ただ、日本はいつの時代もこう言ったことを吸収して、工夫することは上手やってきました。

鉄砲が伝わった時からです。

うまく、模写して作り、それを活用して改良して活かすことは大昔からやってきていたので、今こそがチャンスという見方もあります。

------------------------

プログラミングが必修科目

2020年4月からプログラミングの教育が必修科目になりました。

これは大人たちに対するメッセージでもあります。

あのリテラシーが低そうな政治家たちでもこの国に必要だと思っているということは

この国にどれだけ大事か?ということがわかります。

個人的にはその言語がどうのこうのよりもロジックを覚えることが大事です。

言語がわかっていればその部分の理解は早いですが、まずはどういうロジックで組み立てていくかがとても大事です。

ひとつでも間違えば全く動かないですからね。

どう言った教育方法で教えるかはわかりませんが、穴埋め問題でテストとか出た日にはこの国は終わったな。。

と僕は思います。そこだけつなげることなんて、現実世界でありえないですからねww #何かの映画かと思う

------

まとめ

ちょっとそっち関係(IT)に詳しくないんだけどさーが通用しない時代になってくることは間違いないです。

若者はこの辺にリテラシーがない人を見たらこいつやばいな、と思っていい時代だと僕は勝手に思ってます。

ただ、興味がある人には優しく教えてあげましょう!

途中で結論は出ましたがITリテラシーを上げるためにはまず経営陣の意識が変わることが重要です。

あと、何か新しいことを始めたいという人はテクノロジーは絶対に入れていった方がいいです!

ってか入ってないとダメです。

繰り返しますが、日本は30年遅れてます。今からでも遅いくらいです!

さあ今すぐ食わず嫌いをやめましょー!


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

目は口ほどに物を言う

昨日は清澄白河でとてもよい会合がありまして、 お店のセレクトも最高でしたね〜。 出会うお店お店ごとに最高の人たちでした! もともと下町ってのもあってなのか、癖はある人が多かったかと思いますw その素敵なメンバーから出たこの言葉! 改めて感心するなーと思いました!どうも柏原です! 今日は目は口ほどに物を言うです! それではやっていきましょう!! ーーーーーーーーー 思ってるより固いなー 自分の表情っ

まだまだ弱い

どうも、今日は電車の中からお届けしております。 いきなりですが、漢字って面倒くさいですよね。 例えば、作る造る創る! なんじゃそら!って漢字ですよねw まぁでもこれも昔の人がクリエイティブな証拠なのでしょうが、毎日書くこっちの身にもなって欲しいですw 一番厄介なのが、この意味の違いです。微妙に伝わるのも厄介です。 デザインしたものを創ると作るでは、その人の捉えかたまでかわってしまいます。 作るだと

敵をつくらないチーム

さて、さてここ何日か立て込んでブログが書けない日がちょこちょこ出ていますが、 頑張って書いていきましょう! 夜な夜なブログです。 文章は毎日書いているのですが、なんだか全て外に出したところで だれかと共感できるわけでもないので、外に出すのは半分にしようかなと思います! 大事なことは実際に会ってアウトプットするほうがいいのかもな。 と最近色々会って思ったので! 今日は敵を作らないチームです。 これが